読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大切な愛犬に おすすめできるドッグフード、できないドッグフード

ワンちゃんが健康になるにはどのドッグフードがいいのか、日々情報を集め、実践しております。

当サイト「犬の皮膚のために おすすめできるドッグフード、できないドッグフードは、皆様の善意で成り立っています。
購入された皆様の体験談、情報元の信用性、売上数、価格は見合っているかなど、複数の視点から管理人が詳細を調べて、おすすめできるドッグフード、できないドッグフードの両方を紹介しております。
すべてのワンちゃんに効果がある、ないというものではありません。ご了承くださいませ。

愛犬の歯に歯垢がたまりやすい場合|最悪の場合 下あごを骨 折することも

愛犬の歯に歯垢がたまりやすいと、
なぜ下あごを骨折することになるか、わかりますか?

 

それは、下あごに歯の病気、
たとえば歯周病がひどくなることによって、
歯を固定している歯槽骨(しそうこつ)が溶け始めます。

そして下あごの骨がだんだん薄くなり、
もろくなった骨が骨折してしまうこともあります。

 

下あごの骨折のような最悪のケースでなくても、

歯周病 → 歯根部の炎症が深部に → 鼻腔炎に
・鼻腔炎 → 咳や鼻水が大量発生 → 呼吸器の病気

といった病気が出るケースも少なくないようです。

 

あなたの大切な愛犬の歯に歯垢がたまりやすいと、
健康だったはずの身体が、
いつのまにか むしばまれて、
とりかえしのつかない状態になってしまう危険性もあります。

 

普段、かかりつけの医院で、
ケアされていると思います。
よく歯を磨いてあげてもいるでしょう。

 

ですが、ドッグフードを見直してあげたことはありますか?

 

乾燥したドライフードは、
ワンちゃんは、カリカリさせて嬉しそうに食べますが、
ドライフードは歯の間に残りやすく、
歯垢の原因になります。

 

なので、水分を多く含んだウェットタイプのフードで、
炎症につながりにくい添加物、
アレルギーの原因になる肉質、
の2つが入っていないものがおすすめです。

 

そこでブッチ ドッグフード を紹介させていただきます。
水分量が70%なので、歯の間に残りにくいと表示されていま
す。

 

ワンちゃんの体質によって、合う合わないは
もちろんあるので、
試してみないと確実に効果を発揮できるかどうかは
はっきりとはわかりません。

 

なので、1000円以上 割引になり、
3種類のフードのトライアルセットが用意されている、
どの年齢のワンちゃんにも対応できるトライアルセットを
お試しすることをおすすめします。

 

◎愛犬が歯垢がたまりやすいときに